pagetop

過去のお知らせへ

過去のお知らせへ

  • 連合・クラシノソコアゲ応援団
  • 自治労本部
  • 自治労共済
 

新型コロナウイルス感染症に関する共済金お支払いの取り扱いについてNew icon

 このたびの新型コロナウイルス感染症でお亡くなりになられた方、ご遺族の皆さまに謹んで哀悼の意を表します。また、被患されている方々につきましても、一日も早いご回復をお祈り申し上げます。

 さて、全労済自治労共済本部での新型コロナウイルス感染症に関する共済金のお支払いについてお知らせいたします。なお、今後の状況変化に合わせて対応等が変更されることがあります。

共済金のお支払いについて

 新型コロナウイルス感染症は、入院共済金の対象となる「疾病」に該当します。検査による結果が、陽性・陰性にかかわらず、医師の指示で医療機関に入院された場合は、病気による入院共済金のお支払いの対象になります。

 また、新型コロナウイルス検査の結果が陽性で、入院による治療が必要であったにもかかわらず、医療機関の事情により、臨時施設(病院と同等とみなせる施設)に入所もしくは自宅にて療養し、医師の治療を受けている場合等も、医師の証明書等をご提出いただくことでお支払い対象になります。

 ※保健所の指示のみでの自宅待機にはこの取り扱いは適用されません

対象となる主な共済(※1)
団体生命共済
退職後共済の医療給付

※1:病気による入院や死亡等を保障しない共済を除きます。