HOME組合員のページ物流・あっせん > チケット・旅行

「大阪市職は、人と人とつながりを大切にした旅行を提案します」

初冬の北竜を訪ねるツアー

「つま恋」と北竜

 2006年9月23日(土) 静岡県掛川市 にある「つま恋」で吉田拓郎さんとかぐや姫のコンサートがありました。31年前に同じ場所でしています。「つま恋伝説31年ぶり復活」や「青春復活」など演じる側と聞き手の31年が交差する場所になっています。

 驚いたのは、24日の朝刊各誌の一面に掲載されていました。たぶん、「続けること」や「こだわること」が演じる側と聞き手双方にあって、「あの時代」と「今」を結ぶ絆だと思うし「また会おう」という約束が果たせたんだと思います。

吉田拓郎さんは、「あの時代の青春」と「今、高齢者の仲間入りをする」60歳・還暦・定年など落ち着いて受け止めるため、コンサートが必要だったんだと思います。

1992年 北竜町の皆さんとの交流がスタート
第7回大阪市職子どもツアー

第7回市職子どもツアー(1999年夏)

 北竜との取り組みがスタートしたのは1992年。環境を考える。食べ物を考える。今の考え方で言うと当たり前のことだけど、当時としては先駆け的な取り組みでした。そのなかで、縁あって北竜の町や農協の皆さんとの交流が始まり、メロンの斡旋、市職の田んぼのお米の斡旋、夏休み子どもツアー(93年から00年まで)など次から次へと交流が広がっていきました。

 93年お米が凶作のとき、斡旋しているお米を何とか確保してもらったり、00年JA北竜がJAきたそらちへと広域統合があったときも、交流は続けることができました。

 市職の運動のなかでも、とりわけこだわりのあるこの取り組みは、15年の年月が過ぎました。子どもツアーで最初に行ったチームの小学6年生が今は24〜25歳になっているはずです。

第2回大阪市職子どもツアー
第2回子どもツアー(1994年)
第5回大阪市職子どもツアー
第5回子どもツアー(1997年)
再び北竜へ、冬の北竜を訪ねるツアー

 「あの時代の青春」を呼びおこすため「冬の北竜、雪の北竜」へ出向いて、今一度「こだわる」運動を思い起こそうとツアーを企画しました。旭山動物園のペンギン

 12月1日(金)から3日(日)の2泊3日、「北竜(生産者と石狩なべを食べます)」「旭山動物園(ペンギンの散歩が見れます)」「富良野(ご存知富良野です)」を訪ねるツアーを計画しました。

 参加予定者は10名、費用は8万円弱を予定しています。

 できれば、夏休み子どもツアーに参加してくれた人が来てくれるといいんですが。

初冬の北海道北竜を訪ねるツアー
お問い合わせ
市職本部共済事業部
電話:06−6208−8731

大阪市北区中之島1-3-20 市庁舎内

文字サイズ:文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大

HOMEに戻る

お問い合わせ
自治労共済についての詳細は、所属支部の担当者または下記までお問い合わせください。
市職共済相談ダイヤル
電話:0120-079-431
(平日のみ 9:30-13:30/
14:00-19:00)
自動車事故連絡先

〇じちろうマイカー共済(24時間対応)
 損害事故受付センター
  フリーダイヤル 0120-0889-24
 ロードサービス
  フリーダイヤル 0120-889-376
〇自治労自動車共済(24時間対応)
 事故受付・ロードサービス共通
  フリーダイヤル 0120-810-625
○火災共済の罹災報告
 全労済住宅損害受付センター(24時間対応)
  フリーダイヤル 0120-131-459

みつや交流亭全労済大阪
近畿ろうきんボランティア・市民活動情報ネット