更新日:2008年5月7日

連載:数える労働安全衛生 

500ルクス以下
 明るいほどいいというものでもない
パソコン作業する人のイラスト

 事務作業をするとき、部屋の明るさはどれぐらいが適正だろうか。事務所衛生基準規則には、精密な作業は300ルクス以上、普通の作業150ルクス以上、粗な作業70ルクス以上とその基準が定められている。

 しかしいまの事務作業の作業形態は、この規則が最初に定められた1972年(昭和47年)に比べて大きく変化した。ディスプレイを見ながらキーをたたく仕事は、最も普通の事務作業の姿になっている。そこでこのVDT作業について、特別に労働衛生上の指針が設定されたのが1985年(昭和60年)のことだった。

 ところがその後、機械はどんどん進歩し、当初普通だったブラウン管ディスプレイは、ほぼ液晶に置き換わり、視認性も格段によくなるなど性能が向上した。そのため厚生労働省も指針を2002年(平成14年)に改正し、新たなガイドラインを公表している。

 明るさについてどう書いてあるかというと「ディスプレイ画面上における照度は500ルクス以下、書類上及びキーボード上における照度は300ルクス以上」である。普通の事務作業ではなかった「~以下」という基準が含まれている。

 VDT作業の問題点の一つは、拘束された姿勢が長時間保持され、発光する対象物を見続けるという特徴から、眼精疲労を招くということだった。たとえば晴れた日に屋外で携帯電話の液晶画面を見るとき、画面が暗すぎて見えないことがある。VDTの画面も同じであまり明るすぎると視認性が悪くなり、疲れがドッたまることとなる。

 事務作業をする場所は明るいほど仕事がしやすいというのは、古い話だ。

連合大阪労働安全 衛生センター 参与 西野方庸

文字サイズ:文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大

HOMEに戻る

お問い合わせ
自治労共済についての詳細は、所属支部の担当者または下記までお問い合わせください。
市職共済相談ダイヤル
電話:0120-079-431
自動車事故連絡先

〇じちろうマイカー共済(24時間対応)
 損害事故受付センター
  フリーダイヤル 0120-0889-24
 ロードサービス
  フリーダイヤル 0120-889-376
〇自治労自動車共済(24時間対応)
 事故受付・ロードサービス共通
  フリーダイヤル 0120-810-625

みつや交流亭全労済大阪
近畿ろうきんボランティア・市民活動情報ネット