更新日:2018年12月1日

12月1日給料表改定
月例給は平均0・11%引き上げ
残る課題は市労連が継続協議

 2018年賃金確定・年末一時金交渉の決着に伴い、12月1日から給料表が改定されました。月例給は公民較差0・11%に基づいて、本年4月に遡って引き上げられます。差額清算は12月17日。なお、技能労務職員の給与見直しをはじめ、病気休暇、災害時の勤務労働条件など残る課題については、市労連と市側の間で引き続き交渉・協議が行われています。