更新日:2009年6月18日

市職ecoラボねっとリレーレポート(2)

エコな「夏フェス」で爽快な汗を流しましょう

 今回は、これからやってくる夏の「エコ」のとりくみについてです。

エコラボネットロゴマーク

 夏といえば、外に出て思いっきり汗をかくしかないわけですが、ここ数年の夏の定番となってきているのが、野外ライブ、いわゆる『夏フェス』です。全国各地で主に7月から8月にかけて色んなジャンルの音楽が青空の下で、時には大雨の中で楽しめるハッピーなイベントですが、夏フェスのほとんどの会場で、「エコ」のとりくみが行われています。「マイ箸・マイ食器」の持参の呼びかけや、ごみの分別、ごみの収集などです。

 会場のごみを集めて持っていくと、タオルや手ぬぐいと交換してもらえたり、と参加しやすいとりくみも多く、自然の中で楽しむライブだからこそ自然のありがたみも実感できるし、自然を大切にしなければいけない、と絶好の啓発ポイントになっていると思います。

 私自身こういったイベントでエコのとりくみを行うことでより気持ちよく過ごせますし、こういうとりくみがもっと広がればいいなぁ、と思います。

 みなさんもこの夏は青空の下で音楽を聴き、ちょっとしたエコ活動に協力することで、爽快な気分で夏バテを乗り切りましょう。

K・M(ゆとりとみどり振興局支部)