HOME大阪市職の活動 > 記事

更新日:2007年5月29日

「わがまちひがしなり区民フォーラム」開催中

直接対話で信頼構築
「わがまちひがしなり区民フォーラム」会場

「わがまちひがしなり区民フォーラム」会場

 市職東成区役所支部では、区民の交流の場をテーマに、「わがまちひがしなり区民フォーラム」を継続的に開いています。 第1回フォーラムは3月28日に開かれ、青少年指導委員、町会役員、老人会役員など10人の区民とコリアNGOセンター、市労連東成地協・居住者会から合計15人が集まりました。大阪市労連の地協・居住者会が行った区民アンケート結果について意見交換を行い、大阪市に対する厳しい意見も飛び出しましたが、わがまちをよりよくしたい気持ちは皆同じだということで一致しました。

 4月25日には第2回目が開かれ、労働組合の堅いイメージを少しでも変える努力として、会場にはピアノの生演奏が流れ花束が飾られました。

 市民ボランティア団体などの飛び入り参加もあり、各区役所支部の傍聴参加者などを加えて約30人が集まり、各々が自己紹介とまちづくりの思いなどを発言し、意見交換が行われました。次回は区民が参加しやすい7月29日の日曜日に開くことを決めました。

 中井東成区支部長は「次回も失敗を恐れず、ぶっつけ本番、区民の方との直接対話と信頼関係の構築に向けて頑張ります」と決意を語りました。