更新日:2012年5月15日

働くことを軸とする「安心社会実現」に総力を

第83回大阪地方メーデー 7万人の働く仲間が集う

  「日本全体でつながり・支えあおう!すべての働く者の連帯で働くことを軸とする安心社会を実現しよう!」をメインスローガンに、第83回大阪地方メーデーが5月1日、大阪城公園・太陽の広場で開かれ、連合大阪に結集する7万人の働く仲間が参加しました。今回のメーデーでは、昨年と同じく被災地支援のとりくみとして、東北地方の物産品の販売なども行われました。

7万人が参加した第83回大阪地方メーデー

7万人が参加した第83回大阪地方メーデー

 主催者あいさつで川口清一実行委員長(連合大阪会長)は「東日本大震災から1年2ヶ月。私たちは、人と人との『つながり』そして『助け合い』『支えあい』から生まれる『絆』が、人や社会を強くするということを改めて知った。1日も早い復興・再生を成し遂げられるよう、支援をしていこう」としました。また、大阪経済の厳しい状況を指摘するとともに、大阪市で行われている労働組合への不当な介入に対して、「不当労働行為などの深刻な問題を断じて許してはならない。健全な社会の発展のためには、健全な労使関係が必要であり、お互いの立場を尊重するということが何よりも肝要である」としました。

 連合福島から影山道幸会長らもメーデーに参加しました。影山会長は、「東日本大震災から1年、皆様からの心温まる支援に感謝申し上げる」とした後、「変わり果てた街にもう一度希望を描くことは簡単ではない。風評被害により農林水産業、観光業などが大きな影響を受け、また現在も全国各地に6万を超える人が避難し、県内には10万を超える人々が避難所生活をしている」と今も続く深刻な現状を述べ、「福島や東北に対する長きにわたるご支援を改めてお願いしたい」と参加者へ訴えました。

 式典の最後には、「『働くことを軸とする安心社会』の実現に総力を結集しよう」とするメーデー宣言が満場一致で採択、団結ガンバローで締めくくられました。