更新日:2009年1月6日

市民協働による地域防災
「東成地域防災のまちづくり」ワーキングチームのとりくみ

とりくみをまとめた冊子が完成しました

 大阪市職市政改革推進委員会「東成地域防災のまちづくり」ワーキングチーム(ワーキングチーム)では、昨年1月から東成区今里地区を対象に、地元町会の参加・協力を得ながら、地域防災のまちづくり研究にとりくんでいます。
 この度、これまでのワーキングチームの1年間にわたる活動の経緯と、ワーキングチームメンバーによる地域防災の「提案」についてまとめた冊子『今里地域の防災まちづくり これまでのとりくみ、そしてこれからも。』が完成しました。

市労連「地域フォーラム」の開催と市職ワーキングチームの立ち上げ

まち歩きの結果をワークショップで発表・討論(於:東成区役所市民協働ステーション「ふれあいパンジー」)

まち歩きの結果をワークショップで発表・討論
(於:東成区役所市民協働ステーション
「ふれあいパンジー」)

 東成区今里地区は、旧奈良街道の北側に広がり、古い木造民家も多く残る「路地のまち」。そこで2007年9月、地元町会の皆さんと市労連組合員がともに今里地区を歩いて地域防災の問題点を調査、ワークショップ形式で地域防災の課題を話し合い、市労連「第1回地域フォーラム」で成果を発表しました。

 さらに、現地調査で得られた経験や地元町会とのつながりなど、「地域フォーラム」の成果を引き継ぎつつ、今里地区で継続的な地域防災のまちづくり研究にとりくむことを目的として、市職市政改革推進委員会「東成地域防災のまちづくり」ワーキングチームを立ち上げることとなりました。

「歩いて」集めた地域防災まちづくりの素材

生野区「せせらぎ広場」を見学

生野区「せせらぎ広場」を見学

 ワーキングチームでは各支部から組合員メンバーを募集。淀川区のみつや交流亭のとりくみでもお世話になっている片寄俊秀さん(大阪人間科学大学)と、今里地区に詳しいまちづくりコンサルタントの高橋滋彦さん(地域計画研究所)をアドバイザーにお願いして、08年1月から本格的にとりくみを開始しました。

 ワーキングチームでは、東京都墨田区や横浜市の先進事例の現地調査に参加、生野区「せせらぎ広場」見学、地元町会と拡大ワーキングチームメンバーによる今里地区フィールドワークを企画し、地域防災まちづくりの素材を「歩いて」集めてきました。

「路地のまち」今里の特徴をいかした地域防災を考える

地元町内会の皆さんの案内で今里の路地を調査する市職WTメンバー

地元町内会の皆さんの案内で今里の
路地を調査する市職WTメンバー

 その結果、被災時には危険だが、冊子表紙の「道は狭いが人情は厚い」との片寄先生の言葉にもあるように今里地区の良さでもある「路地」を生かした防災まちづくり、ハード面からの整備にとどまらない、地域住民との協働による地域防災体制づくりが必要であるとの方向性が次第に明らかになってきました。

 さらに、それら素材を参考にしながら、今里地区の地域防災まちづくりがどうあってほしいか、ワーキングチームメンバーの話し合いで出し合った意見を集約。「防災まちづくりの大切さをもっと広めたい」「地震による被害を少しでも小さくしたい」「災害から早く立ち直れるまちにしたい」との3つの観点からまとめ、冊子で提案しました。

地元町会からの参加・協力を得たとりくみ

WT冊子は各支部宛てに送付しています。ご入用の方は市職本部・政策局まで。

WT冊子は各支部宛てに送付しています。
ご入用の方は市職本部・政策局まで。

 典型的な木造密集住宅地ということで、そもそも今里地区の防災に対する意識は高かったそうだが、市労連「地域フォーラム」以来の東成区役所支部による尽力で、ワーキングチームの活動にも地元町会の皆さんの積極的な参加をいただいている。その結果、地域の皆さんと市職との協働という画期的なとりくみが実現することとなりました。

 さらに、ワーキングチームの議論を「机上プラン」の検討ではなく、地域の特性や住民の生活とつながったものとすることができたのも重要でした。

具体的な成果を実現するための活動をスタート

 完成した冊子を地元町会の皆さんにお示しし、ご意見をいただきながら、今年は「防災広場」の実現にむけて、いよいよ地域の皆さんと具体的に検討を開始するところです。これは、これまでのとりくみの成果を「形のあるもの」に結実させたい、という地域の皆さんのご意向があったためです。したがって、地域の皆さんが主体となり、市職ワーキングチームが様々なかたちでサポートしていくというスタイルのとりくみになります。防災について地域に広く発信することを目的とした、住民参加の楽しいイベントも構想中です。

 ワーキングチームの主体的なとりくみとしては、防災広場づくりの検討と並行して、今里地区についてその歴史も含めてさらに調査し、地域特性を生かした地域防災のあり方について、引き続き議論を深めることにしています。(政策・運動推進局)