HOME大阪市職の活動 > 記事

更新日:2006年7月16日

「ユースリンピック2006」開く

支部の垣根越え交流深める
ユース部員・家族ら600人が参加

綱引きをする組合員 市職ユース部は7月8日、大阪市中央体育館で「ユースリンピック2006」を開き、ユース部員や家族ら600人が参加しました。この行事はこの間、ユース部文化スポーツ活動推進委員会で検討が行われ、「支部間を越えた交流」を目的に開催されたものです。

馬とびもありました 競技種目は「○×クイズ」「いろいろリレー」など合計6種目で、4支部から5支部で構成した合計10チームで点数を競い合いました。競技を通じて支部の枠を超えた交流を行いました。また、競技外でもイベントが行われ、「体力測定ブース」では参加者が握力や背筋力などの体力自慢を競い、「風船作り」のブースでは参加した子どもたちが熱心に風船での人形の作り方を教わっていました。

 優勝はFチーム(市民・建設・此花区・平野区で構成)で、終了後に賞品、表彰状が手渡され、閉会しました。

ユースリンピックにて 縄跳び

5人6脚? ユースリンピックにて